玉鬘-Princess Tamakazura-

源氏物語から「玉鬘」の衣装の色目です
光源氏の昔の恋人、夕顔の娘です
彼女のお正月用の着物として、光源氏は
この色目の細長(一番上)と
その下の袿(二番目)を選んでいます
なんだかとても派手ですね
このような色の組み合わせにも負けないくらいの
パッとした顔立ちの美女だったのでしょう
現代では「ちょっと・・・」と言うような感覚です
一番上の細長の色は「山吹色-yamabukiiro-」
二番目の袿の色は「赤-aka-」
五つ衣(赤から)と単(赤)は創作です
ハデハデにしてみました