明石の姫-Princess Akashi-

源氏物語から「明石の姫君」の衣装の色目です
光源氏がお正月用にと一人娘の姫に選んだのが
この色目の細長(一番上)と
その下に着る袿(二番目)の色目です
幼い姫の着物は、とてもかわいらしい組み合わせです
現代でも、小さな女の子がピンク色を着ているのは
かわいらしいものですね
光源氏の時代でも、同じような感覚だったのでしょう
一番上の細長の色は「桜色-sakurairo-」
二番目の袿の色は「薄紅-usukurenai-」
五つ衣(裏葉から)と単(紅)は創作です
桜餅みたいな色ですね