女三の宮の女童

源氏物語・女楽より、女三の宮の「女童の」衣装の色目です
他の方々が心を砕いて少女達の衣装を選んでいると聞いて
自分の女童にも素敵な衣装をと、つくろわされました

一番上の汗衫(かざみ)は「柳-yanagi-」
二番目の表着は「青丹色-aoniiro-」
五つ衣に見立てた袙(あこめ)は「葡萄-ebi-」
単は「松葉-matsuba-」これは私の創作です

文章の中で、格別にめずらしいというものでもないが
重々しく気品ある風趣があるとされています
たしかに、風格のある色目ですね
この衣装の少女達も、きりっと引き締まっていた事でしょう