明石の上の女童(その2)

源氏物語・女楽より
明石の上の連れた4人のうち2人の衣装の色目です
表着と五つ衣はその他の二人とおそろいです

一番上の汗衫(かざみ)は「紅梅-kohbai-」
ニ番目の表着は「青磁色-seijiiro-」
五つ衣に見立てた袙(あこめ)は「紫-murasaki-」
単は私の創作で「薄紫-usumurasaki-」

こちらは寒色系の中にも少女らしさを加えていますね
明石の上自身の柳色にも映えたことでしょう