明石の女御の女童

源氏物語・女楽より
明石の女御に付き従う4人の「少女」の衣装の色目です
女御の女童、という事で少し重々しい感じですね

一番上の汗衫(かざみ)は「蘇芳-suoh-」
二番目の表着は「青-ao-」(平安時代の青は”緑”を指します)
五つ衣は「山吹色-yamabukiiro-」
ここでは衵(あこめ)を五つ衣としています
最後の単は私の創作で「紅-kurenai-」

少女達には少し地味かもしれませんが
それによって、若さが引き立っていたかもしれませんね