紫の上の女童

源氏物語・女楽より
紫の上につき従う4人の「女童」の衣装の色目です

紫の上が引き連れていく美少女たちは
一番上に「桜-sakura-」の汗衫(かざみ)
その下、二番目の表着は「赤-aka-」
ここで袙(あこめ)を五つ衣として「薄紫-usumurasaki-」から
そして単は「白-shiro-」これは私の創作です

女主人の紫の上の衣装を引き立たせてくれるような
少女たちの衣装の色目です
まだ短い黒髪が、映えたことでしょう