明石の上2 -Madam Akashi-


源氏物語・女楽より「明石の上」の衣装の色目です
明石の上は、明石の女御の女房と身分をわきまえて
この衣装に、女房装束の裳を付けています
六条院での私的行事なので、唐衣は着ていないようですが
明石の女御の生みの母でもある人なのに
奥ゆかしいと言うか・・・身分が低いために、悲しいですね
担当した楽器は、お得意の琵琶です

一番上は「柳-yanagi-」の細長
二番目は「萌黄-moegi-」の小袿
五つ衣は藤色から白へ
単は白
五つ衣と単は私の創作です

明石の上は、紫の上と対照的に寒色系統ですね
知的な感じがして、私は明石の上の色目が好きです
紫式部も、案外その辺りを狙っていたのではないでしょうか?