紫の上-Madam Murasaki-

源氏物語から「紫の上」の衣装の色目です
光源氏がお正月用に彼女に選んだのが
この色目の小袿(一番上)と
その下に着る袿(二番目)の色目です
一番上の小袿の色は「葡萄色-ebiiro-」
二番目の袿の色は「今様色-imayoiro-」
紫の上はよく、赤系統の色目の衣装で書かれています
いつまでたっても、若々しい女人と言う設定だったのでしょう
五つ衣(薄紅から)と単(紅)は創作です
紅梅の香りがするような着物です