橘仲俊-Mr.Nakatoshi Tachibana-

更級日記より、作者・菅原孝標の娘の長男
「橘仲俊」の16歳の時の衣装の色目です
父親の任国にともなって、信濃の国(長野県)に
付き添っていく時の着物です
一番上が萩襲の襖
表「蘇芳-suo-」、裏「紅-kurenai-」
指貫は「紫苑-shion-」
衿の重ねは少年らしく、淡い紅にしてみました
この衣装は、遠い所に旅立つ息子に
母親自らととのえたものでしょう
夫の衣装のことより詳しく書かれています
心配だったのでしょうね