匂の宮-Prince Niou-

源氏物語・宇治十帖から「匂の宮」の衣装の色目です
この衣装は夏物です
一番上が「縹-hanada-」の直衣
直衣から覗く単は「丁子-cyoji-」
丁子で染めた着物は、爽やかに香るそうです
指貫には「蘇芳色」をあわせてみました
衿の部分(紅・白)は私の創作です
匂の宮が、母親である「明石の中宮」に
会いに行っていた時に着ていた着物です